ボランティア活動

>

「高校生でも分かる米国株」YouTubeチャンネルの収益は保護犬猫活動に全額寄付しています!
(税金は花子が負担してビジネスから支払っています)

主にこちらの2グループに寄付しています

Kさんのグループ(ゆがわらへそ天猫倶楽部NPO法人化!) わんずふりーさん

(1)ゆがわらへそ天猫倶楽部理事のKさん

Kさんは自費で何千もの野良猫を捕獲してはTNR(不妊手術)をしてこられました
毎月のYouTube収益はこちらと他のグループに寄付しています。

手術成功のルミちゃんはおそらく貰い手を探すのが難しいと思うので(病院代などの心配のため)
花子のうちの子になることになりました!大切にします!

YouTube収益で月に1回アマゾンほしい物リストからの寄付。足りない部分を個人の方が寄付してくれています。
Kさんの家には常に子猫が10匹くらいいて必ず全員引取りさきを探してくれます(いない場合は引き取っている)。
いつもありがとうございます。
うちのコロンちゃんと営業部長の黒猫ちゃんはKさんから引き取りました!?
コロンちゃんはてんかん持ちですがお薬で治っています。

猫のご飯支援(Amazon経由)

ご支援いただける方向けに、アマゾンから猫のご飯を支援頂ける方法を紹介しております。
(ご自身の無理のない範囲にてお願いいたします)

(2)わんずふりーさんに寄付

動物管理所の殺処分予定の犬を毎月のように引き取ってくれています。
いつもありがとうございます!

>わんずふりーさん ウェブサイトはこちら


飛行機に乗って動物管理所から花子の家にきたモモとララ

長崎動物管理所で保護主を待ってる子達

<動画はこちら>

将来的には「ゼロ犬猫殺処分」を目指して、もっと金銭的にサポートしていきたいと思っています。
ご支援ありがとうございます!

管理所便りに載せてくれたとのことで、わざわざお手紙を送ってくれました!
(どちらの保健所かはご迷惑にならないように隠してます)

「犬猫殺処分ゼロ」の嘘

・攻撃性が認められた犬猫は、殺処分の頭数から消されている
・実質は平均1つの県で500匹の犬猫を毎年殺処分している
・結局ボランティアさんが自費でそのような犬猫を救い出すしかない
・動物管理所の方も一生懸命保護主を探しています。助けたいけど助けられない事情もあるのでボランティアさんに感謝してる