ハナコスト平均法とは

投資に絶対はなくて大きなリターンを狙う時は運や勘がいいとかの要素も大きくなるので、個別株をどの程度買うかはその人の余剰資金と投資センスにもよるんですよね〜!

新NISAはこちら

NISAに合わせるのではなく余剰資金がどれくらいあるかで使える部分はNISAを使う!成長投資枠(右)は元一般NISAなので個別株やETFも買えると思いますよ(まだはっきり発表されてませんが)

NISAはあくまで「利益があった場合の税金がかからない」と言うことなので、含み損なら何もならないので考えすぎても仕方なし。それより大事なことは「投資額が半分になった時にパニックにならずに保有できるか?」の方が細かいこと考えるよりよっぽど大事ですよ。

書き忘れていたことがあります。信用取引しない!現物のみ!

 

S&P500連動のETF

【個別株は何を買ったらいい?】

最初は個別株を勉強のために買うとして「何を買ったらいい?」と聞かれることがありますが、S &P500の構成銘柄のトップ10から始めたらどうでしょうか? 最近は株式分割で1株安くなりましたよね?

(2022年9月15日時点)